So-net無料ブログ作成

その①ドラよりもアガリやすさが大事! [手作りをマスターしよう]

スポンサードリンク




SnapCrab_NoName_2016-5-7_23-35-37_No-00.png

たとえドラでも
リャンカンが残るイーシャンテンですが、ドラの3萬を切ってしまっても良いでしょうか?

ポイントは、
ドラが1枚でもあれば1巡でも早いリーチを目指しましょう!
※できれば良形

この手は3ピンか7ピンを切ってリャンカンを決めてもテンパイする枚数は同じになりますが、ピンズの部分はリャンメンに変化したり重なったりして変化していく可能性があります。

マンズの部分はメンツとターツを作るのに2枚必要なので、ドラドラで使い切るには遅くなってしまいます。

ピンズでメンツができた場合、まずドラ切りリーチをする以上、アガリ優先ならここでマンズの良形を確定させて問題無い!



=解答・説明=
SnapCrab_NoName_2016-5-7_23-35-37_No-00.png

ドラですがアガリやすさ優先にして3萬を打つ!


3ピン(7ピン)を先に切ってしまうと

SnapCrab_NoName_2016-5-7_23-45-4_No-00.png

6ピン(4ピン)の1種類しかリャンメンテンパイになりません。


またピンズの部分を3・5・7の形で持っておけば
SnapCrab_NoName_2016-5-7_23-50-24_No-00.png

先に2ピンか8ピンを引いたときにリャンメンターツに変化します。


覚えておくポイント♪
ドラであっても良形テンパイになりやすいように牌を切っていこう!



スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。